初期段階で進行を防ぐ|癌の治療を受けよう

めまいに襲われる症状

医者

原因と治療の流れ

メニエール病は、めまいをともなう症状があり、人によっては耳鳴りが激しい場合もあります。この症状がずっと続いてしまうので、日中の生活も辛く感じるようになり、症状がひどい場合は寝込んでしまう人もいるほどです。メニエール病の原因は、内耳のリンパが水膨れの状態になっているためです。メニエール病は三半規管が乱れるようになってしまい、バランスが上手く取れなくなるのでめまいとなってあらわれてしまいます。メニエール病になると、その治療は耳鼻科で行われます。ここでの主な治療は薬となり、原因となっている部分を回復させていき、そして症状が良くなるまで経過観察となります。しかし、メニエール病は再発率が高い特徴があるため、何度も治療をする人は珍しくありません。めまいの症状は突然襲ってくることがほとんどとなるので、症状があらわれたら病院で治療を受けていくのが適切です。

症状とストレスとの関係性

メニエール病では、どうして内リンパが水膨れになってしまうのかははっきりとは分かっていません。ただし、ストレスとの関係性が強く疑われており、実際にストレスを強く抱えている人がなりやすい傾向となっています。メニエール病患者で特に多いのが、30代〜40代の女性です。男性と比べても圧倒的に多く、この時期の女性は仕事や家庭などでストレスを溜めやすい年代とも言えます。病院でも治療中はストレスを極力溜めないように指示を出すことから、ストレスとは無関係ではないことが言えます。めまいなどの辛い症状から余計にストレスを感じてしまうため、治療中は体を休めていかなければいけないのです。再発しやすい特徴からも、完治した後でもストレスを溜めこまない習慣を送るように気を付けなければいけません。