初期段階で進行を防ぐ|癌の治療を受けよう

めまいに襲われる症状

医者

メニエール病の症状は、めまいを突然感じてしまうのが特徴です。原因は耳にある内リンパの水膨れにあり、これによってめまいや耳鳴りを感じてしまうようになります。メニエール病での治療は薬で症状を抑えていきますが、ストレスとの関係性から静養を促されることも多いです。

もっと見る

種類で違いがある治療法

男女

悪性リンパ腫はリンパの組織の部分に起こるがんで、タイプと進行度の違いにより治療法や治療回数に違いが見られる病気です。治療法は化学療法と放射線療法が主流で、外科的な手術は行わないのが一般的な治療法です。

もっと見る

専門の医師に任せる

子供

小児科を選ぶときには、自宅から近い病院を選びます。移動に時間がかからず、負担が少なくなるからです。また、検査キットがある病院は、すぐに診断がつくので、治療も早くに開始できます。伊丹にある病院は、子どもについての専門知識が豊富な医師が多いです。必要な予防接種も受けることができます。

もっと見る

進化している検査技術

カルテと聴診器

無症状のうちの発見が鍵

医学の進歩によって、不治の病と言われていた病気が治る病気へと変わりつつあります。癌もまたそうした病気の1つです。従来から行われていた外科手術による切除ばかりでなく、放射線治療や化学療法・免疫療法といった多くの治療法を併用することにより、癌細胞を効果的に減らしていけることが判明しています。手術による根治が難しい場合であっても、進化した治療法を併用することで長く生きられる症例は少なくありません。そうした現代医学の恩恵を最大限に享受するためにも、できるだけ早い段階で癌を発見することが望ましいと言えます。ある程度進行した状態で発見された場合でも条件次第では治療は可能ですが、完治を目指すなら今でも手術が最も有効な方法なのです。例えば大腸癌の場合、初期段階で発見されれば開腹手術よりも負担の軽い内視鏡治療での完治も可能です。癌の多くは初期段階での自覚症状がありません。健康診断や人間ドックを受けて発見される例も少なくないのです。そのために検査の重要性が高まってきています。自覚症状がなくても、現在の検査技術なら発見できます。内科や外科では、健康な人でも検査を受けにきてくれることを奨励しているのです。

早期発見に成果の最新検査

検査技術も大きく向上しています。初期段階の小さな癌を発見できるような最新検査機器が次々と開発されており、先進医療に取り組む医療機関から順に導入が進んでいます。その中でも多くの病院で採用されているのが、PETと呼ばれる陽電子放射断層撮影法です。この方法では弱い放射線を発する特殊な検査薬を注射することによって画像を撮影します。正常細胞よりも増殖速度が速い癌細胞は多くのブドウ糖を消化するため、この検査薬と反応して明るく映ります。この検査法をCTやMRIと併用することにより、ごく小さな初期癌の発見が可能となりました。人体内部の精密な断層撮影法として知られるMRIでも、近年では造影剤を使った方法が普及しています。微小な癌を高感度で検出可能な新しい造影剤も開発されており、早期発見のための検査技術はミクロの時代に入りつつあると言えます。こうした造影剤は24時間で尿として排出されますから、副作用が少ない点でも安心できます。この他にも血液検査や腫瘍マーカーで初期段階の癌を発見する技術も向上しています。血液検査や腫瘍マーカーは負担の軽い検査方法ですので、実施している病院で気軽に受けてみるのもいいでしょう。